ダイヤのA

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話確定!ライバル高校の出場は?

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話確定!ライバル高校の出場は?
Pocket

2022年10月5日に週刊少年マガジンでダイヤのAact2最新話が掲載されましたね!

 

前話では、青道が優勝し歓喜の輪が描かれました!

1年越しの雪辱を晴らしてた結果になりましたが、沢村自身実感が少し湧いていない様子でした。

しかし、表彰式で青道が呼ばれるとそこで実感が得られたようです。

しかしこれから甲子園に向けての準備が描かれると思われます。

どのような期間を過ごすのか!

最新話306話以降の展開にも目が離せません!

 

青道が稲実を破って甲子園出場を決めましたが、

この決勝戦は痺れる試合展開で、どちらに流れが転ぶかわからないほど白熱した戦いでした!

この決勝戦を見てしまうと、以前の試合も見てみたくなるものですよね。

しかし、アニメは大会途中で終わってしまい、準決勝や決勝戦は見れない状況です。

なので、ここまでの試合や続きを見たい場合は単行本で見ないといけません。

しかし、今から単行本を揃えようと思うと、

新品なら4万2,000円、中古でも2万円を超えてきます。

そんなにお金をかけたくない!安く済ませたい!と思われたあなたに、

ダイヤのAをイッキに読める方法をオススメします!

それが、電子コミックアプリのコミック.jpです!

コミック.jpでは、今だけ30日間の無料お試しキャンペーンを実施していて、ダイヤのA全巻がイッキに読めてしまいます!

登録は1分ほど、30日以内に解約すれば1円もかかりません!

私も実際に無料登録してダイヤのAを読みましたが、本当に無料です!

購入した本は解約後も継続してみる事ができるので損がありません!

30日間無料お試し期間は今だけの限定キャンペーンになっているので、

キャンペーンが終了する前に、今すぐ無料登録してください!

あなたもコミック.jpダイヤのA全巻をイッキ読みしてくださいね★

\ダイヤのAいまが最高潮!/
コミック.jp 1000コース

>>今すぐイッキ読みする<<

長くなりましたが、”ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話確定!ライバル高校の出場は?”の内容でお伝えしていきます!

ダイヤのA act2次話ネタバレは近々公開!!

待っている間にこの記事をブックマークお願いします!!

 

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話の考察

前話では、青道の優勝、表彰式が描かれました。

沢村はじめ、青道メンバーが涙を流して喜んでいる姿には感動を覚えました。

ライバルとなる他の高校はどうなったのでしょうか?

最新306話の注目ポイントが多いですが、今後の展開を考察していきましょう!

 

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話の考察|元青道メンバー勢揃い?

夏の地区予選を制した青道は305話で、元青道メンバーが勢揃いする可能性があります。

プロに行った東清国はじめ、結城世代の面々が集まることでしょう。

片岡監督の胴上げ見られるでしょう!

 

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話の考察|片岡監督が涙する?

春の選抜を決めた試合で、片岡監督が涙を流すシーンがありました。

これは読者からしても感動のシーンでした!

今回も片岡監督らしく、礼儀として挨拶をするのではないでしょうか。

胴上げの時の片岡監督の表情も見てみたいものです!

 

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話の考察|片岡監督の去就は?

昨年秋から片岡監督の辞任が話題になっていましたが、選抜に出場するにあたり監督続行となっていました。

しかし、夏の大会も辞任の考えはあるはずです。

最新話で甲子園出場が決まったことで、片岡監督の辞任は延長になったでしょう。

御幸世代が終わると片岡監督も青道監督を辞任してしまう可能性がありますが実際はどうなのか?

落合コーチが意外と止めてくれる可能性も…。

 

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話の考察|全国のライバルは?

西東京代表が青道に決まったことで、全国でも続々と出場校が判明することでしょう。

・巨摩大藤巻高校
・大阪桐生高校
・白龍高校
・帝東高校

などこれまで青道が戦ってきた全国区の高校の出場はどうなったか気になりますよね!

もしかしたらダークホース的な存在がでてくる可能性もあるかもしれません。

甲子園大会の抽選も描かれることになりそうですね。

新たなライバル出現も・・・。

 

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話の考察|甲子園でベンチから外れるメンバーは?

甲子園では地区予選と違い、ベンチ入りメンバーが20人→18人へ減少します。

地区予選ベンチ入り
1沢村
2御幸
3前園
4小湊
5金丸
6倉持
7麻生
8東条
9白州
10川上
11降谷
12小野
13山口
14木島
15結城
16樋笠
17中田
18金田
19由井
20奥村

この20人からメンバーが外れるのは、奥村と木島、中田、金田のいずれかではないだろうか?

背番号1桁の選手からは誰も抜けず、

2桁でなおかつ試合の出場がないメンバーが抜けそうな印象です。

1人目の奥村は1年で試合出場もないため抜けるメンバー第1候補。

2人目は、出ていない3年メンバーで脇役的な選手が抜ける可能性は高いと思われます。

奥村と由井はポジション被ってますし、最低限3人いれば問題ありませんが、

現状キャッチャーが4人いますしね。

片岡監督が誰を外すか注目ですね。

 

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話の考察|甲子園手前で沢村がスランプに?

地区予選でエースとしての自覚が芽生え、

ピッチングに磨きのかかった沢村。

甲子園へ入る手前にスランプになる可能性があります。

それは地区予選で覚醒した反動によるものではないかと思われます。

稲実相手に、ナンバーズを駆使して強打者を抑えやっと手に入れた甲子園出場権。

それには沢村のピッチングが覚醒したことも要因になっています。

甲子園では全国のライバルを相手にしなければいけないプレッシャーと、

チームのエースとしてのプレッシャーがかかってきます。

大事な試合の前に調子が上がらないことはよくあることです。

沢村にも襲いかかる可能性は十分にありますね!

 

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話の考察|エースナンバー交代の可能性は?

今夏は沢村が1番、降谷が11番で勝ち抜いてきましたが、このまま甲子園大会も沢村がエースとして挑む可能性が高いと思います。

どちらも大ゴケした試合がなく、どちらもいいピッチングを見せたため、

優劣つけ難い内容だったのではないでしょうか?

沢村はエースの自覚が芽生えさらに覚醒。

降谷は11番と屈辱を味わいながらも沢村を追いかける立場として更なる成長を遂げています。

お互いが切磋琢磨して実力をつけてきているため、ナンバー交換はないと思います。

 

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話の考察|川上は甲子園で投げる?

大会中に、肘の怪我を理由に決勝戦でも投げずにいた川上。

甲子園大会では投げる可能性があります。

川上はもともと、大学でも続ける意思はありませんでした。

そのため高校で最後の野球と決めていました。

そのため、右肩、右肘がどうなってもいいと、

自身を犠牲にする覚悟で挑むのではないでしょうか?

沢村、降谷の先輩として引っ張ってきた人物が高校でリタイヤ、

甲子園大会で燃え尽きる覚悟も寂しい気はしますが、川上のピッチングに今後期待したいところですね!

 

こんなに熱い戦いをもう一回振り返ろうにもアニメは大会途中で終わり、映像で振り返ろうにも見れず、

単行本で見ないといけない状況です。

しかし、今から単行本を揃えようと思うと、

新品なら4万2,000円、中古でも2万円を超えてきます。

そんなにお金をかけたくない!せめて安く済ませたい!と思われたあなたに、

ダイヤのAをイッキに読める方法をオススメします!

先ほどもオススメした、電子コミックアプリのコミック.jpです!

コミック.jpでは、今だけ30日間の無料お試しキャンペーンを実施していて、ダイヤのA全巻がイッキに読めてしまいます!

登録は1分ほど、30日以内に解約すれば1円もかかりません!

私も実際に無料登録してダイヤのAを読みましたが、本当に無料です!

購入した本は解約後も継続してみる事ができるので損がありません!

30日間無料お試し期間は今だけの限定キャンペーンになっているので、

今すぐ無料登録してみてください!

あなたもコミック.jpダイヤのA全巻をイッキ読みしてくださいね★

\ダイヤのAいまが最高潮!/
コミック.jp 1000コース

>>今すぐイッキ読みする<<

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話確定速報!

ダイヤのA act2 296話ネタバレ最新話確定|〜〜

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話確定しましたら更新していきます!

最新話が更新されるまでに、この記事をブックマークしていただければと思います!

 

ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話確定!ライバル高校の出場は?まとめ

ダイヤのA act2 298話ネタバレ最新話確定|?

ここまで、”ダイヤのA act2 306話ネタバレ最新話確定!ライバル高校の出場は?”についてお伝えしていきました。

最新話では、

最新話306話以降のネタバレ・展開にも期待しましょう!

ここまでご覧いただきありがとうございました!