ダイヤのA

ダイヤのA act2 301話ネタバレ確定|青道が稲実に敗北確定?

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話確定|青道が稲実に敗北確定?
Pocket

2022年8月17日に週刊少年マガジンでダイヤのA act2最新話が掲載されましたね!

最新話では、9回裏エース対エースの攻防が描かれました。

8回裏に異変を覚えた沢村でしたが、しっかりと投げられる状態であったことが判明します。

それに対し成宮も中指のマメを潰しながらも打席へ向かいしっかりとスイングしています。

沢倉が去年と同じような状況に、「なぜか負ける気がしない」と思った瞬間に、まさかの失投!

成宮もそれを逃さず打っていきました。

果たして、成宮の打球はどこに飛んでいったのか!?

最新話301話以降の展開にも目が離せません!

盛り上がってきたこの試合で、青道ナインは稲実を敗って1年前の雪辱を果たせるのかがとても気になります!

しかし、アニメは大会途中で終わってしまい、映像で振り返ろうにも見れず、単行本で見ないといけない状況です。

単行本ダイヤのA全巻合わせると、47巻+act2 31巻で全78巻あります。

ダイヤのAを読みたくても単行本が多すぎて手が出ないですよね。

今から単行本揃えようと思っても、80巻近く揃えるのはとてもお金がかかります。

それにいま決勝戦の真っ最中で、展開が目まぐるしく変わるのに、1週間ずつ読み進めるのはじれったい!

そんなあなたに、巻数が多いダイヤのAをイッキに読める方法をオススメします!

それが、電子コミックアプリのコミック.jpです!

コミック.jpはスマホやタブレット、パソコンあらゆるデバイスから見ることができます!

電子書籍なので読みたい場所に困らない点も嬉しいです!

そして、今だけ30日間の無料お試しキャンペーンを実施していて、ダイヤのA全巻がイッキに読めてしまいます!

30日間あればダイヤのAはイッキに読めてしまいます。

私も実際に無料登録してダイヤのAを読みましたが、本当に無料です!

登録は1分ほど、30日以内に解約すればホントに1円もかかりません!

購入した本は解約後も継続してみる事ができるので損がありません!

30日間無料お試し期間は今だけの限定キャンペーンになっているので今すぐ無料登録してみてください!

あなたもコミック.jpダイヤのA全巻をイッキ読みしてくださいね★

\ダイヤのAいまが最高潮!/
コミック.jp 1000コース

>>今すぐ無料登録する<<

 

ということで、”ダイヤのA act2 301話ネタバレ確定|青道が稲実に敗北確定?”の内容でお伝えしていきます!

 

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話の考察

前話では、沢村の失投に成宮が逃さずに打っていきました。

なぜ沢村が失投してしまったか、成宮の打った打球はどこに飛んでいったのか、

注目ポイントが多いですが、今後の展開を考察していきましょう!

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話の考察|沢村去年のことがトラウマに?

最新話にて、沢村は成宮に投じた2球目で失投しています、

王者の稲実がそれを見逃すわけなくしっかりと打っています。

なぜ沢村は失投してしまったのか?

それは昨年のサヨナラ負けが沢村にとって無意識的なトラウマになっていた可能性が示唆されます。

あの試合沢村は、打ち込まれた挙句、その後も止められず途中で降板しています。

そして試合には敗北してしまい、甲子園出場を逃しています。

降板した時の様子も、まさに放心状態でトラウマになるんじゃないかと思われるような描写にになっていましたね。

そしてこの試合、「去年もあったやつ」と打たれた去年と同じ状況を思い出してしまいます。

それが沢村の失投につながったんじゃないかと思われます。

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話の考察|成宮の打球はどこへ?

成宮は沢村の失投を逃さず打ちにいきました。

青道にとってはまさかの失投です。

浮いた球を打ったため、タイミング的にはやや早くなります。

描写からして、右中間〜ライトにかけてフライもしくはライナー性のあたりになっていると思われます。

御幸も成宮にことを「狙い球はある程度絞って、あとはセンスで打ちにくるタイプ」と分析しています。

そのため、自然と体が反応した感じで打っていますね。

浮いた球を打つ時は体が流れやすくなることも多く、もしかしたら成宮の打球はふら〜と上がったフライになっている可能性もあります。

成宮自身パワーは他の打者と比べるとあまりありません。

右中間深くまでは飛ばない気もしますが、どうでしょうか!?

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話の考察|青道甲子園は絶望的?

去年と同じような展開になっていることもあり、青道の甲子園出場が危ぶまれている状態です。

出場が決まるにしてもそんなにスッと決まらず、一波乱ありそうな印象を持ってしまいます。

実際沢村には不安要素がまだ残っています。

8回裏の思いもよらぬ疲労からペットボトルも握れないほどの疲労感や今回の失投で去年のトラウマ再発?など、

投手沢村の異変が注目されます。

もしかしたら降谷再登板の可能性もありますが、ここはエースである沢村に踏ん張ってもらいたいところですね!

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話の考察|稲実下位打線活躍の予感?

9回裏の稲実攻撃は5番成宮からの攻撃になります。

投手としてピカイチですが、打者としては他のメンバーよりも劣る部分があります。

成宮が塁に出ても出なくても、下位打線の出塁が青道に勝つための活路になります。

そこで活躍が予想されるのは成宮以降の6番〜9番の多田野、矢部、神宮寺、江崎になります。

このメンバーでチャンスを作り出して、1番カルロスへ繋ぐ流れが出来上がりそうです。

すぐ試合終了になる展開は作らなそうなので、この9回裏に一波乱ありそうな感じもしますね。

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話の考察|1番カルロスへ繋がるかがポイント

9回裏は5番成宮からの攻撃になります。

稲実打線は強力ですが、上位打線と比べるとやや見劣りしてしまう部分もあります。

ここでポイントになるのは1番カルロスへ繋がるかが逆転への鍵になりそうです。

この試合青道から得点しているのは上位打線です。

上位打線のなかで、足で得点がとれるのはカルロスでしょう!

2アウトでランナーがいる状態を作り出せば、逆転のチャンスが広がります。

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話の考察|成宮、多田野で得点もあり得る?

御幸は9回裏はじめに、「要注意なのは成宮と多田野、ここを着れば流れは掴める」と分析していますが、

予想に反して、沢村の失投でピンチを作ってしまい、多田野に対しても甘い球が投げられてしまう可能性が考えられます。

長打2本で1点入り同点になる可能性やサヨナラの可能性も出てきます。

ここで大事なのは御幸のリードになってきますね。

投手の調子の合わせて上手くリードできるかも注目です!

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話の考察|稲実三者凡退の可能性は?

稲実の攻撃は5番成宮から始まり、6番多田野、7番矢部につながります。

沢村のピッチング次第では、稲実屈辱の三者凡退の可能性もありますが、それはだいぶ低いでしょう!

王者が三者凡退はあり得ません。

何かしら一波乱起こすことは、可能性大だと思われます。

そこに御幸-沢村バッテリーがどう対処するかが見どころになるでしょう!

 

ダイヤのAしか見ないのに

マガジンを1週間待って1話しか読めないのはじれったい!

単行本でイッキによみたい!

でも、ダイヤのAを読みたくても単行本が多すぎて手が出ないですよね。

今から単行本揃えようと思っても、80巻近く揃えるのはお金がかかります。

そんなあなたに、巻数が多いダイヤのAをイッキに読める方法をオススメします!

それが、電子コミックアプリのコミック.jpです!

コミック.jpはスマホやタブレット、パソコンあらゆるデバイスから見ることができます!

電子書籍なので読みたい場所に困らない点も嬉しいです!

そして、今だけ30日間の無料お試しキャンペーンを実施していて、ダイヤのA全巻がイッキに読めてしまいます!

30日間あればダイヤのAはイッキに読めてしまいます。

私も実際に無料登録してダイヤのAを読みましたが、本当に無料です!

登録は1分ほど、30日以内に解約すれば1円もかかりません!

購入した本は解約後も継続してみる事ができるので損がありません!

30日間無料お試し期間は今だけの限定キャンペーンになっているので今すぐぐ無料登録してみてください!

あなたもコミック.jpダイヤのA全巻がイッキ読みしてくださいね★

\ダイヤのAいまが最高潮!/
コミック.jp 1000コース

>>今すぐ無料登録する<<

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話確定速報!

ダイヤのA act2 296話ネタバレ最新話確定|〜〜

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話確定しました!

ダイヤのA act2 301話タイトル「愛の力」

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話確定速報|成宮の打球の行方は?

前話で沢村の失投をフルスイングでとらえた成宮ですが、打球はライトオーバーのフェンス上段に直撃して、

あと数cmでホームランのところでしたが、結果は2塁打でした。

ここでノーアウトランナー2塁の絶好のチャンスを作る成宮。

ベース上で喜ぶ成宮と、ベンチ、スタンドそれぞれが歓喜で盛り上がっている。

すかさず御幸がタイムをとって沢村のところに駆け寄ります。

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話確定速報|沢村の様子は?

御幸が「大丈夫か?」と声をかけますが、沢村は「すいません、ちょっと浮きました」と投球を反省しています。

「フェンスを越えなかったんだ…切り替えよう」と沢村に声かけします。

そんな中、昨年キャプテンの原田の応援歌”アフリカンシンフォニー”が大音量で球場に響きます。

次の打者は、6番多田野です。

この瞬間、球場がこの日1番の盛り上がりを見せます。

気合十分に多田野、成宮は塁上から「今まさに俺への愛が試されているぞ樹」と多田野を鼓舞します。

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話確定速報|御幸の一言が沢村を変える?

沢村の元に駆け寄った御幸が沢村にかけた一言は「黙らせよーぜ」

これに沢村はワクワクした表情で、御幸に返答します。

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話確定速報|多田野は何を狙う?

多田野は打席でバントの構えを見せ、ランナーを進めようとしています。

青道もその様子を見て野手陣が動けるよう御幸が指示を出します。

御幸は多田野に対して「ここまで2つ三振とってるが…右打ちが上手く決勝まで12打点と侮れない打者」と評価し、

続けて「特に成宮が塁にいる時に勝負強さが際立つ」とも思っています。

「矢部と神宮寺、右の強打者が続くが、送りバントならむしろありがたい」として、

前園が3塁で仕留めたると駆け寄る準備はできており気合十分。

そこで。沢村の第1球を投げると、多田野はヒッティングで打ちにきました。

ファールでしたが、やはり狙いは打ってヒットを狙っているようです。

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話確定速報|多田野の打球は!

しかし、打ってこようが何を仕掛けてこようと自分のボールを投げるだけだと、沢村は開き直ります。

2球目は低めに変化球もボール。

クリスや結城哲也が「腕は振れてる」「ああ…落ち着いてるな」と。

多田野は「終わらせてたまるか、最低でも3塁へ進塁打、できることなら俺のバットで返したい、ホームに!」と3球目を振りにいく多田野。

沢村はカットボールを投げていて、バットに当てる多田野。

詰まりながらもセンターへ打ち返す。

東条間に合わずセンター前ヒットになった。

ここで最新話301話ネタバレが終了です。

沢村大ピンチですね!

まだノーアウトでランナーが得点圏にいる状態でのヒットですから、あわよくば同点のピンチといったところでしょうか。

試合の流れが変わりそうな局面ですね。

 

ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話確定|青道が稲実に敗北確定?まとめ

ダイヤのA act2 298話ネタバレ最新話確定|?

ここまで、”ダイヤのA act2 301話ネタバレ最新話確定|青道が稲実に敗北確定?”についてお伝えしていきました。

成宮の当たりもある程度予想できますが、アツくなってきたこの展開では予想もあてになりません、

成宮の打球はぎりぎりホームランにならず、青道にとっては命拾いしましたね。

それでも多田野にもヒットを打たれて、さらにピンチが広がりました。

ノーアウトのため、同点になる可能性が高まりました。

青道にとっては甲子園出場に赤信号です。

青道の甲子園出場は絶望的になるかも気になるところ!

301話以降のネタバレ・展開にも注目です!

ここまでご覧いただきありがとうございました!