MENU

呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定考察!鹿紫雲幻獣琥珀解禁!宿儺本来の姿へ!

呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定考察!戦いは総力戦へ!高専組も参戦か!
Pocket

”呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定考察!鹿紫雲幻獣琥珀解禁!宿儺本来の姿へ!”についてお伝えしていきますね♪

2023年10月2日(月)発売の週刊少年ジャンプ(2023年44号)に掲載予定となっている、呪術廻戦最新話237話のネタバレ、考察についてお伝えしていきます。

前回最新話では、まさかの五条が死んだ後の世界から描かれます。

そこには夏油傑、七海建人、灰原、夜峨学長など、これまでに亡くなった五条との関係者が描かれました。

そこで五条と宿儺の戦いについて感想などが描かれています。

宿儺は魔虚羅の適応を自らの”手本”とするために待っていたとのこと。

また魔虚羅の適応は終わることがなく適応してもさらに簡単に適応する方法を考えるようにできていて、術式対象を五条ではなくこの世界、空間、存在そのものになっており、

五条の無下限呪術がどうこうではなく、五条の存在自体を宿儺は切ってしまったということです。

そこに鹿紫雲が飛び出して宿儺へ向かいます。

衝撃の展開に驚いた方も多いと思いますが、今後の展開がどうなるのか気になりますよね!?

そこで、次回最新話237話の考察・ネタバレについてお伝えしていこうと思います。

 

本題に入る前に紹介です!

現在、現代呪術界最強の五条悟がまさかの死亡!?という形で描かれておりこれからの展開が読めない呪術廻戦ですが、

控えめに言って、激アツな展開が毎週続いています!

そんな呪術廻戦を、、、

  • 一気に読みたい!
  • 〇〇編だけ読みたい!
  • 途中から読みたい!

そんな方にオススメな漫画サイトのeBookJapanを紹介します!

eBookJapanでは、漫画21万冊以上あり、そのうち9000冊以上が無料作品として閲覧可能となっています。

当然、呪術廻戦も配信されています。

eBookJapanで呪術廻戦を見るには、

半額〜70%OFFクーポンとセット買いの組み合わせがオススメです!

〇〇巻〜〇〇巻までとセットで買うことで読みたい話や〇〇編を一気に読むことができます。

それに今だけ70%OFFクーポンを使用することで最大限お得に”呪術廻戦”を読むことができます!

しかし、70%OFFクーポンは6回までしか使用できないため、呪術廻戦全巻には使用できないと思いますが、

お気に入りの〇〇編に合わせて購入することができてしまいます。

他にも曜日によって、

・6000円以上で1500円オフクーポン(毎週火曜)
・第1巻が50%オフクーポン(毎週水曜)
・まとめ買い1500円オフクーポン(毎週木曜)
・Yahoo! JAPAN独自のクーポン

上記のクーポンもうまく使うとさらにお得に呪術廻戦全巻読めてしまいます!

これらクーポンもいつ終了するかわからない限定クーポンなので、

告知されていないうちに、早く使用することをオススメします!

あなたもeBookJapanで呪術廻戦を楽しみましょう!

\呪術廻戦70%OFFで最安値!/
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
>>今すぐセット買いする!<<

 

目次

記事から知れること

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察!

呪術廻戦最新237話の展開はどのようになるのでしょうか?

最新237話のポイントは、、、

◆ 宿儺VS鹿紫雲の展開
◆ VS宿儺戦が総力戦に?
◆ 五条の死は確定?
◆ 家入の心境

最新話の展開・考察と、最新話以降のストーリーはどうなっているのかお伝えしていきます!

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺VS鹿紫雲!

前回最新話の最後に鹿紫雲が飛び出していきましたが、疲労困憊の宿儺相手にどこまで通用するのか気になりますよね。

宿儺は虚式”茈”を食らった後よりも回復しているように見えます。

適応のカラクリをしゃべるほど余裕がある印象ですが、宿儺も余裕はないと思われるため、鹿紫雲を力技で倒しにかかるのでは無いかなと考えます。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:鹿紫雲は一撃必殺の術式を使用する?

鹿紫雲は秤と戦っていた最中は術式を使用していなかったと秤から言われています。

鹿紫雲の術式は未だどういうものかは不明ですが、電撃に関わる術式であることは予想できます。

一撃必殺となると、使用することで命を落とす、戦闘不能になる、呪力が空になる、などの状態不良が考えられます。

当然命をかける縛りによる効果は非常に強力のため、宿儺でも無事ではいられないと思います。

両者による必死の攻防が描かれる可能性が高いです。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:五条の妄想は現実か?

五条が宿儺に倒された後のことを五条は妄想の世界歌詞後の世界かで詳細に語っています。

「宿儺は強かったよ…」という五条の表情からも全力を出した感が伺えます。

しかし、本人も言っていたように妄想の世界の出来事なのか、現実的な記憶なのかまだ明らかではありません。

五条の体の状態から見ると真っ二つに切られており、同じく特級呪術師の九十九と同じ状況です。

現実的な記憶=死、が確定してしまうことで読者は残念な結果になってしまいますね。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:五条を助ける策はあるか?

個人的には”ない”と思われます。

家入の反転術式でも体が真っ二つになってはどうしようもないと思われます。

唯一治せる可能性があるのは『無為転変』ぐらいでしょうか?

しかし羂索がわざわざ邪魔になる五条を復活させるとは思えないため、現実的に五条を助ける策はないのではないでしょうか。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:家入の心境は?

夏油、五条と同期の家入は、宿儺にやられた五条をどう思うのでしょうか。

なんだかんだで五条のことを心配していた家入ですが、今回のことでどんな表情をするのかも想像できません。

まさかの涙もあるのか、描かれていないということは五条にも微かな希望があるのか。

家入の動向によっても五条のこれからが推測できるかもしれません。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:五条の父とは?

五条は家入に父のことを頼んであると描かれています。

五条の父はこれまで描かれてきませんでしたが、五条が気にするほどに何かあるのでしょうか。

それを家入に頼むということは何かしらの病気を抱えている可能性が高いですね。

五条といえども自分に何かあった時のために家入に頼むなど、両親の心配をするほどの良心家だったということですね。

五条家は五条悟のワンマンチームであることも知られていますが、それは父が病気であったことに起因するのではないでしょうか?

しかし、六眼持ちの無下限呪術覚醒者でもあるため、生まれた時からワンマンチーム出会った可能性は高いですね。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:虎杖や乙骨、秤の参戦は?

虎杖や乙骨は五条を助けるために参戦するつもりでいましたが、秤等に止められています。

しかし、五条が敗北した時の表情からすると現代最強が負けたということで、自信が無くなったような表情にも伺えます。

疲労困憊の宿儺があそこまで五条を圧倒したことで自身と相当な実力差があると感覚で感じ取った可能性があります。

単騎特攻よりも総力戦になりそうな勢いです。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:魔虚羅の適応はハイレベルな経験値タイプ

宿儺より魔虚羅の適応のカラクリが説明されました。

魔虚羅の適応は、一度攻撃を受けたから解析が始まり、同じ攻撃を受けるごとに解析のスピードはアップします。

さらに適応後もさらに解析して、より高度に適応できるようにするというハイレベルな経験値タイプ=AIのような機能であることが明かされました。

解析・適応できる数や適応までの時間は不明ですが、高度な術式ほど適応までには時間がかかることは無下限呪術適応を見ればわかります。

同時解析できる数はさすがに不明ですね。

魔虚羅は今回五条に破壊されてしまったため、その適応能力がどの式神に引き継がれているかも気になるところ。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:新たに宿儺の攻撃パターンが増える?

魔虚羅の適応を手本として見ていたことで、宿儺の攻撃パターンが増える可能性があります。

あくまで対五条戦でしか使えないとは思いますが、適応するために魔虚羅が行う方法が宿儺の手の内に加わった可能性は高いです。

宿儺は呪術センスが桁違いで、万象の水を穿血に似せて放っています。それほど呪術のポテンシャルを高めることが可能です。

なので、今回魔虚羅が行った適応方法も宿儺は再現できる可能性があります。

再現できない方法は「待った」ということなので、自身の呪術の力量を把握している証拠ですね。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺が緊張するほど追い詰められた相手とは?

宿儺が千年ぶりに敗北を意識、緊張していることが明らかになりましたが、滅多にないことだと思われます。

読者であれば宿儺を緊張させる相手とは誰??と気になってしまいます。

候補としては、、、

  • 羂索 
  • 天使
  • 未登場キャラ

これまで出てきたキャラから羂索 、天使、万の可能性はありそうですね。

特に天使とは堕天=宿儺として捉えているほど因縁がありそうな関係性なのは気になります。

また、未登場キャラが宿儺のライバルであった可能性は十分高いと思われます。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺の奥の手とは?

宿儺は奥の手、切り札を隠しているのではと高専側は予想しています。

そして宿儺は虚式”茈”で大ダメージを負った挙句、魔虚羅も消滅しています。

奥の手・切り札を出すにはもってこいの時期です。

個人的には呪力制限の解放が宿儺の奥の手になりそうな印象です。

乙骨や秤、冥冥も命ををかけた呪力制限の解放させた技を持っています。

宿儺も命の縛りをかけた呪力制限の解放で自爆覚悟の奥義や極ノ番を初披露するかもしれません。

ほかには、、、

  • 自身を加えた嵌合獣
  • 十種影法術、領域展開
  • 御厨子の新技

どれにせよ、少なも無事では済まないほどの威力の技であることは確実でしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺新たな嵌合獣顕現は?

宿儺が調伏する式神のうち、鵺、渾、魔虚羅は消滅してしまいましたが、まだ消滅した式神の能力を引き継いでいると思われます。

それが他の式神が引き継いでいるか、宿儺自身が引き継いでいる可能性があります。

また、宿儺地震が他の式神と融合するケースもあるかもしれません。

しかし大ダメージゆえに呪力が落ちているいま、嵌合獣を顕現できるかも怪しいところです。

何にせよ宿儺が不利な状況はまだ続くと思われます。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:41秒間で描かれる攻防は?

前回最新話で、顎吐消滅41秒後に五条の虚式”茈”が発動することが確定していますが、重要なのはそこまでの41秒間の攻防です。

五条優勢で終わった前回ですが、41秒の間に宿儺がこれまで出してこなかった技が登場する可能性もありますし、

魔虚羅VS五条にも何か進展がありそうな展開ですね。

また、虚式”茈”自体がいい意味で戦跡を刻むのか、悪い意味で戦跡を刻むのかも気になるところですね。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:鹿紫雲はなぜ乙骨を止めた?

鹿紫雲は乙骨に対して、「邪魔するな、少なくとも次はお前ではない」と伝えています。

鹿紫雲はもともと宿儺と戦うために呪物となって再度受肉した人物です。

そして戦いに対しては戦闘狂で攻撃的な性格の持ち主、歴戦の呪術師です

しかし宿儺戦を五条に譲っているところを見ると、五条の宿儺に対する思いなどを鹿紫雲なりに汲み取っての行動ではないでしょうか。

それを簡単に参戦されることがあれば自身のプライドを傷つけられるために止めた可能性があります。

また、日下部、冥冥の言うように五条と宿儺の勝利条件に伴う宿儺、羂索の切り札を警戒しての発言の可能性もあるのではないでしょうか。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺は式神を融合できる拡張術式を使用できる?

宿儺が使用する十種影法術は伏黒恵が使用するものよりも、規模が大きく、調伏できる式神が多いです。

また今回顕現した『嵌合獣 顎吐』は「鵺」と「渾」を唱えた後で登場しています。

影の中で調伏済みの式神を掛け合わせることができる拡張術式を使用できることが考えられます。

なんでも融合できるわけではなく、影を作れるものに限られますが、正直どんな影になってるのかわかりません。

他の式神とも掛け合わせることもできるかもしれません。

式神を出せる数には制限があると思われますが、さらに顕現できる可能性が出てきました。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:ほかの嵌合獣は?

十種影法術の拡張術式と思われる式神の融合。

成り行きはどうあれ、結果として『嵌合獣』が誕生しました。

他の式神とも融合できると考えられ、ほかの『嵌合獣』を宿儺は顕現できると思われます。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺は十種影法術持ちの術師と激戦を繰り広げたことがある?

宿儺が使用する十種影法術は伏黒恵が使用するよりも明らかに強力です。

呪力量が違うためそれは明らかだが、それよりも伏黒恵が使ったことない技や調伏している式神が多いのが謎です。

前回最新話で顕現した『嵌合獣 顎吐』も伏黒恵は顕現させたことはありません。

伏黒恵が知っていたかは不明ですが、宿儺のような受肉体は自分自身の記憶とともに受肉体の記憶も共有できます。

伏黒恵がそのような式神がいることを知らなかった場合や拡張術式を知らなかった場合、宿儺が活躍していた1000年前に現在の宿儺並みの十種影法術を使用する術師がいて、その時に使用していた式神や技を経験した可能性があります。

それゆえに現在の宿儺が使用できる可能性もあります。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:嵌合獣顎吐の強さは?

鵺と渾が組み合わさった式神と思われる嵌合獣顎吐ですが、

今のところどのような能力を持った式神かは不明です。

魔虚羅ほどのトンデモ能力ではないと思われますが、最低限「鵺」と「渾」の能力は持っていると思われます。

そして、あの場で顕現させるということは五条にとってはデメリットになる能力と予想されます。

例えば、”毒物”など反転術式を発動できなくさせる能力や魔虚羅のサポート能力か。

もしかすると、ゴリゴリのパワー系かも。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:五条無制限の『虚式』とは?

五条は魔虚羅を優先して葬るために、「無制限の『虚式』をキメるしかない」と最新話の最後のページで計画しています。

無制限の虚式とは、、、

  • ”蒼”のように幾つも”茈”を配置させて打ち込む
  • 無量空処のように結界内で必中効果を与え”茈”を打ち込む
  • 極ノ番の位置付けで新たな技
  • 相伝の無下限呪術の秘技

上記内容が思いつきます。

宿儺も”茈”は体験済みですし、呪力出力が落ちているいま、溜めを作るのは得策ではないと五条もわかっている様子です。

ということは、溜めを作らない新たな虚式”茈”となる可能性が高いです。

パワーより数を重視して、別角度からの火力勝負を仕掛けるかもしれません。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:魔虚羅の適応のカラクリは?

前回最新話で日下部、虎杖などの解説サイドも気になっていた魔虚羅の適応のカラクリについてですが、

  • 同じ攻撃を受けることで適応の経験値を貯めていく方法
  • 1度受けた攻撃に徐々に適応していく方法

上記方法のどちらかではないかと考察していましたが、

個人的にはどちらも考えられるかと思います。

相手の攻撃に応じて、1度で適応できないものは経験値タイプで適応していく1度で適応できるものor適応が難しくない攻撃は徐々に適応or一度で適応するのではないかと思います。

相手に応じて柔軟に適応の仕方を変えられる能力も持ち合わせているのではないかと考えます。

しかし、魔虚羅にも弱点はあると思われ、今の所宿儺が実践した”適応される前に火力勝負で仕留める”のが対処法の一つになっています。

まだまだ読者が気づかないような弱点があると思われ、もし分かればコメントください!

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:羂索が目論む新たな計画とは!?

現在、羂索は御三家や呪術総幹部をも手中に収め、現代呪術界を支配しようとしています。

また、宿儺とも手を組んで五条を消そうとしています。

羂索の計画には五条が邪魔であると判明しているだけあって、何が何でも五条は消そうとしていますよね。

死滅回遊を経て、天元すらも手中に収めていますが、未だに人類との同化をしようとしないのは新たな計画があるからではないでしょうか?

表向きは死滅回遊を経て強大な呪霊を作ることとしていて、裏では新たな計画を計画・進行させているのかもしれません。

海外に進出したのも表と裏の目的がありそうですね。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:伏黒恵の自我は復活するのか?

これまで伏黒恵については言及されてきませんでしたが、最近魔虚羅の適応の肩代わりを伏黒の魂で行っていることが明らかになりました。

伏黒恵の自我はまだまだ深くに眠っていると思われますが、今後伏黒恵の自我が復活する可能性があります。

それが宿儺の能力に影響を及ぼすことが考えられます。

伏黒の肉体は宿儺が受肉しても耐えられるぐらいの器です。

虎杖とまではいかなくとも宿儺に抵抗しうる耐久性は持っていると思われます。

それに宿儺も認めるポテンシャルの高さも秘めています。

今後宿儺の考える範疇に収まらないぐらいのポテンシャルを発揮する可能性はありますよね。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺の術式や■・フーガを発動する?

宿儺は自身の術式とは別の能力を持っている可能性があります。

それが■・フーガです。

まだ五条戦では見せてはいません。

五条に悟られないように隠しているのか、はたまた作戦があるのか、未だ不明ですが、

宿儺の強力な技の一つであることは確かです。

漏瑚の「隕」にも負けない火力を有していることもあって五条にも通じる可能性があります。

無下限呪術を引き出すために使う可能性もあり?

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺の薄ら笑みの理由は?

最新話で宿儺が最後に薄ら笑いしたのは五条に対して絶対的な秘策があるからor五条も気づかない体のトラブルを宿儺は知っているからだと考えます。

自身に無量空処が効いていたのは流石に唖然としていましたが、それでもまだ余裕の表情ができるのはそれなりの理由はありそうですね。

五条よりも宿儺の方がまだまだ手札を残しています。

伏黒恵の生得術式「十種影法術」に加え、自身の生得術式「御厨子」もまだまだ使用していない技があります。

フィジカル的にはお互いまだまだ余裕がありそうな印象なので、勝負が傾くとしたら術式勝負の部分になるかもしれません。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:羂索は宿儺をも裏切る?

羂索は死滅回遊を「面白そう」と1億人を含む呪霊を作ろうとしていました。

宿儺を味方につけた本当の理由も未だ不明です。

最終的に宿儺に死滅回遊でできた呪霊を戦わせることが目的?

それとも宿儺をも裏切るプランを持ち合わせている?

自身を神として高次な存在として世界を支配するのが目的なのか?

今後最終章に入っていくにしたがって羂索の目的も明らかになるでしょう!

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:伏黒恵の魂は目覚めるか?

今回伏黒恵の様子が少し描かれました。

宿儺の自我の深く深く底で横たわっていました。

魔虚羅の適応を伏黒恵の魂で肩代わりさせていたことで無量空処を何度も受けていたことになります。

魂が攻撃を受けるとどうなるのか、真人の考え方が重要になりそうです。

それによって伏黒恵が今後少なを苦しめるかどうかにも関わってきそうです。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺が魔虚羅顕現させるのはいつ?

宿儺は五条の手札を全て出させるべくこれまで術式もセーブして戦ってきました。

そして無量空処を伏黒恵に肩代わりさせて自身はダメージを最小限にして戦っています。

しかし、実際は魔虚羅が適応させる方が精度は高いのではないでしょうか?

そのため五条の初見でとっておきの技のために残して置いている可能性があります。

そのため魔虚羅完全顕現まではまだまだ先かもしれません。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:魔虚羅の適応でも無量空処のダメージを負った理由は?

魔虚羅はどんな事象でも後出しで適応させることができるトンデモ能力を持つ式神です。

その適応能力を伏黒恵の魂で肩代わりさせていたにも関わらず宿儺は無量空処のダメージを負っています。

それは伏黒恵自体宿儺にはデメリットで、適応能力をフルに活用するすることができなかったことが考えられます。

伏黒恵の密かな抵抗が宿儺に影響を与えていることが予想されます。

今後伏黒恵の魂が宿儺に影響を与える可能性がありそうです。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺が顕現させる魔虚羅の強さは?

五条の無量空処にすでに適応していた宿儺の魔虚羅、前回最新話で描かれた姿からは伏黒恵が顕現させた時と大きくは変わりませんでした。

となると、魔虚羅に限っては他の鵺などよりも宿儺の影響を受けにくい可能性があります。

しかし伏黒恵とは違い、宿儺は影の中ですでに舵輪を回しています。

影の中で魔虚羅を顕現させていることになります。

強さはこれからの展開次第と思われます!

最新話に注目です!

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺が影と融合する?

今後宿儺は魔虚羅やその他影を媒体とする調伏済みの鵺や玉犬などと融合することが考えられます。

伏黒恵にできなかったことが宿儺には行えます。

となると、十種影法術の拡張術式の応用ができるのではないでしょうか?

五条もそれなりに対策してくると思われるため宿儺ももう一段レベルアップして対抗するでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:フィジカルが強いのはどっち?

第二ラウンドは格闘戦が描かれています。

術式なしの単純なフィジカルが強いのはどちらなのでしょうか?

ここまで互角に戦ってきた両者ですが、個人的には宿儺が強いのではないでしょうか。

呪術全盛の時代で伝説級の強さを誇っていることが最もな理由になるでしょうし、五条は六眼を駆使してはいるがその対策もできていると思われます。

単純なフィジカル面でも五条をジリジリ追い詰めていくことが予想されます。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺は他の術式を使う?

宿儺は生得術式のほかに、アンチグラビティの術式、十種影法術を会得しています。

しかし五条が違和感を感じるように他の術式を使うタイミングはいろいろあったはず。

それでも使用しないということは五条には使わずに戦う縛りを作って自身の生得術式の出力を上げているのか、

最終手段のとっておきとして意図的に発動させないのか、

前回最新話で魔虚羅の舵輪が描かれていたため、次回229話で宿儺が十種影法術を使う伏線になっているかもしれません。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺の魔虚羅の強さは?

宿儺の使用する十種影法術は伏黒恵が使うものよりも規模や強さが全く違います。

伏黒が調伏できなかったものまで宿儺は使用できます。

宿儺が顕現させる魔虚羅は伏黒恵よりどう違うのか?

魔虚羅は環境への適応が主な能力のため、理論上どんな術式もノーダメージで適応させてしまいます。

宿儺の魔虚羅は適応にプラスαの能力が備わることが予想されます。

五条の知ってる魔虚羅と少し違う部分もあると思われるためすぐに順応することは難しいのではないでしょうか?

五条の六眼がどのように捉えるかも楽しみですね。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:五条が領域勝負にこだわる理由は?

最新話でも焼き切れた術式を反転術式で回復させて幾度となく領域展開「無量空処」を宿儺に発動しています。

五条がここまで領域展開にこだわる理由は、呪術の極致ゆえに現代最強と謳われるプライドなのかもしれません。

または無下限呪術の新技への伏線にある可能性も多いに考えられます。

たしかに、これまでの領域展開とは違い領域が小さくなり凝縮されたかのような描写がされています。

何かを試す意味で領域を狭くしたことは確かですね。

最新228話で詳細が明かされるでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:五条の領域が進化する?

領域の範囲を狭くする縛りで領域内の術式効果をアップさせることが予想されます。

宿儺も伏魔御厨子の効果範囲を広くし必中効果をなくす代わりにk力をアップさせる方法で五条の領域を中和していました。

今回は五条が領域の範囲を狭くすることで術式効果をより大きくアップさせて宿儺の術式でも中和できないほどの威力を生み出すための領域狭小化でしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺の領域対策は完璧?

呪いの王宿儺の領域対策は完璧と言えるでしょう。

五条との術式の性質の差はあるものの無下限呪術を今のところ完璧に崩しています。

五条の知らない呪術のルールが存在する可能性もありますし、対決までの1ヶ月で羂索からの情報により五条の術式の特徴等を聞くこともしていたのでしょう。

また、伏黒恵の記憶を辿った可能性もありますよね。

五条と伏黒恵は長年の付き合いです。乙骨よりも長い付き合いということは術式についても知ってることが多いのではないでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:領域の条件を変えるのは至難の業?

五条は自身の術式の対象を対内条件から対外条件に変更することで宿儺の領域に対抗しています。

また、宿儺も自らの領域の条件を即座に変えている様子も描かれています。

そもそも領域の条件を即座に変えることは可能なものなのか疑問ですが、

少なからず領域展開が高密度で使えるものでしかできない芸当であることが日下部の反応からわかりますよね。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺の次なる術式は?

宿儺は伏魔御厨子以外に術式を使用していません。

現在宿儺が使える術式は、、、

  • 御厨子
  • 十種影法術

フーガは御厨子の一種と思われるため術式に含めていませんが、まだまだ見せていない術式も多いです。

その間五条は獄門疆に閉じ込められており、虎杖達から話は聞いているものの詳細はわかっていないはずです。

となると、まだまだ少なが優勢なのは間違いなさそうです。

魔虚羅に五条がどう対処するのかも見ものです。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:五条の新技披露は?

読者が期待するのはやはり五条の覚醒と五条の新技ではないでしょうか?

呪術界最強の宿儺相手に五条もそれなりに苦戦していますし、宿儺にもまだ術式は残っている状況を考えると、

五条にも新たな技での対抗が必須ではないでしょうか?

領域展開では宿儺に軍配は上がりますが、六眼による呪力コントロールは宿儺にも負けず劣らずの五条の特技です。

六眼+無下限呪術に合わせた新技、もしくは術式相伝の技もまだあるかもしれません。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺の魔虚羅は規格外?

伏黒恵に受肉した宿儺の使う十種影法術は伏黒恵が使うのとは違い、明らかに強力なものとなっています。

そして、伏黒恵が調伏できていなかった円鹿と貫牛も宿儺は難なく使用してます。

魔虚羅の舵輪も個別に出現させて応用したりしていました。

宿儺に切り替わってからまだ登場していないため、相当なパワーアップを果たしていることが予想でき、新たな設定もあるかもしれませんね!

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:伏黒恵は宿儺に抵抗する?

宿儺の圧倒的なパワーに自我を抑えられてしまっている伏黒恵。

津美紀に受肉した万を自ら殺してしまったショックでさらに抑え込む宿儺の策略にハマり、未だ抵抗する様子を見せていません。

五条VS宿儺がある程度進めば伏黒恵が宿儺に抵抗するシーンも出てくるのではないでしょうか?

虎杖と宿儺のようになにかしらの関係が進展するでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:高専組、過去の術師の総力戦になる?

宿儺相手に五条が敵わない展開になると高専組と過去の術師の協力で宿儺を相手にするのではないでしょうか?

まだまだそのような展開にならないとは思いますが、万が一五条が宿儺に負けるようなことがあれば絶体絶命になると思います。

しかし、物語上明らかな負け戦を描く可能性は低いと思うので、一波乱があってから展開が変わることが予想されます。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:宿儺の最後の指はどうなる?

特級呪物の宿儺の最後の指は五条が保管しているよされているようですが、実際は今の所不明な状態です。

五条自身が持っているのか、他の場所に隠しているのか不明な状態です。

五条としては宿儺には渡したくない代物ではありますが、指が残っている以上は宿儺の復活の可能性を残すことになります。

それでも指を食うことでパワーアップしてしまうのであればそのまま保管しておくことが無難な展開かもしれません。

あえて指の存在をちらつかせて縛りを結ぶことも考えられますね。

五条のことなので策があってまだ宿儺には見せていない可能性も否定はできません。

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:

 

呪術廻戦ネタバレ236話最新話の考察:

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:

 

呪術廻戦ネタバレ237話最新話の考察:

 

 

呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定速報!

呪術廻戦237話ネタバレ最新話の確定速報が出ましたら更新します!

休載なければ、毎週水曜日前後にネタバレ判明しますのでブックマークお願いします!

呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定速報|裏梅登場も秤の領域展開発動!

最新237話は鹿紫雲が宿儺のところへ向かっていく場面から始まります。

鹿紫雲が宿儺へ向かっていくと上空から裏梅と裏梅が構築した巨大な氷塊が登場します。

しかし、さらにその上空から秤が「約束なもんでな、悪いがいかせねぇよ」と裏梅を領域展開「座殺博徒」へ取り込みます。

ですが、氷塊は地上へ向かって行き宿儺のもとへ行きます。

 

呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定速報|万からの贈り物が呪具「神武解」と判明!

裏梅の巨大な氷塊の中には万からの贈り物、呪具「神武解」がありました。

それを手にする宿儺、電撃を繰り出す鹿紫雲に対して宿儺はその呪具でその電撃を反対に鹿紫雲に当てます。

「神武解」の効果は相手の攻撃をそのまま返す効果?か。

しかし鹿紫雲は電撃に耐性があるためダメージを負わず。

鹿紫雲は宿儺に「お前は最強に成ったのか、それとも生まれながらに最強だったのか」と問います。

宿儺はその質問に「五条悟もそうだったのだろうな、強欲なことだ」と皮肉たっぷりに答えます。

続けて、「教えてやる、こい亡霊」と鹿紫雲を挑発します。

 

呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定速報|鹿紫雲の一度きりの術式「幻獣琥珀」解放!

ここで鹿紫雲vs宿儺が始まりますが、早速鹿紫雲が一度きりの術式「幻獣琥珀」を解放!

これは、電気から変換できるあらゆる現象を実現するために肉体を作り変える術式。

しかし、その縛りとして使用すると肉体が崩れるデメリットがあるため一度きりの術式になるとのこと。

脳内の電気信号の頻度アップでアジリティ向上、ほかに音波や電磁波などを具現化して攻撃に変えて行きます!

体の形を変えながら宿儺に挑む鹿紫雲。

 

呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定速報|宿儺本来の姿へ変身!

しかし、宿儺も反転術式以外に一度きりのみで肉体の再生、構築する方法が明かされます!

それは受肉による変身の再開させること!

すなわち、宿儺本来の姿への変身!

ここで見た目が伏黒恵から宿儺本来の姿に変わります!

3面6手の鬼神復活!

 

呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定速報|

最新237話が確定したら更新していきます!

 

呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定速報|

最新237話が確定したら更新していきます!

 

呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定速報|

最新237話が確定したら更新していきます!

 

呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定考察!鹿紫雲幻獣琥珀解禁!宿儺本来の姿へ!まとめ

ここまで、”呪術廻戦237話ネタバレ最新話確定考察!鹿紫雲幻獣琥珀解禁!宿儺本来の姿へ!”をお伝えしてきました!

最新話では、

最新237話以降も注目です!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次