東京リベンジャーズ

東リベ270話ネタバレ確定!佐野真一郎のタイムリープ方法とトリガーが判明!

東リベ270話ネタバレ最新話確定!佐野真一郎のタイムリープ方法とトリガーが判明!
Pocket

2022年9月14日週刊少年マガジンで東リベ最新話が掲載されました!

現在、マイキーVSタケミチが描かれていますが、

毎回最新話掲載で衝撃の内容が明かされています。

今回の最新話の注目ですね!

最新270話ネタバレも気になりますね!!

ということで、”東リベ270話ネタバレ最新話確定!佐野真一郎のタイムリープ方法とトリガーが判明!”についてお伝えしていきます!

 

この記事に書かれている内容

東リベ270話ネタバレ最新話の考察

東リベ263話ネタバレ最新話確定|マイキー顔や表情が示す意味は?

東リベ最新話では、

東リベ270話ネタバレ最新話について考察していきます!

 

東リベ270話ネタバレ最新話の考察|真一郎はマイキーの変えたい過去とは?

最新話にてマイキーが階段から転落し植物状態になってしまったことで、

真一郎は自責の念と後悔をしていました。

タイムリープの条件で、”過去を変えたいと強く思っている”という条件があります。

真一郎はマイキーの変えたい過去とは何なのでしょうか?

直近であれば、コンコルドを買わないで帰ること。

その他考えられることとして、マイキーに対する態度でしょうか?

真一郎はマイキーを親父のように世話していました。

しかし、真一郎は弟思いすぎたのかもしれませんね。

タケミチが変えた世界線では、マイキーは春千夜に口を裂くように言ったり、

何かとわがままで、まさに天上天下唯我独尊といった性格でした。

時には非情で冷酷な一面もありました。

しかし真一郎といる幼少期ではそんな一面は見られていません。

また、植物状態になる原因もコンコルドと場地・春千夜・エマと遊んでいたことです、

遊ばなければ怪我を負うことはなかったと思うはずです。

というような、真一郎が変えたい過去とは、直近ではコンコルドを買わないこと、遊ばないことが挙げられますね。

 

東リベ270話ネタバレ最新話の考察|真一郎がタイムリープする時代は?

最新話では、マイキーが中学生になるまで真一郎はタイムリープできなかったと思われます。

中学生ということは大体13歳ぐらいです。

タイムリープすると12年前に戻ることがタケミチと直人によって判明しています。

ということは、真一郎はマイキーが1歳の時に戻ることになります。

そのため、マイキーが赤ん坊のときから変えることになります。

マイキーの何を変えるのか、それはマイキーの性格ではないでしょうか。

上記でも考察したように、マイキーは仲間思いですが、春千夜の時のように時に冷酷で非情な性格をしています。

真一郎はこれまでの接し方とは違った方法でマイキーの成長を助けていくのではないでしょうか?

そうなると、初代黒龍のときの後輩の導き方なども変わってくるのではないでしょうか?

なぜなら、マイキーが見ているからです。

 

東リベ270話ネタバレ最新話の考察|真一郎の理想の世界は?

真一郎は今後タイムリープをしてマイキーを救っていくことになりますが、

真一郎が理想とする世界とはどんな世界なのか?

それは、マイキーが立派に生きていける世界かと思います。

黒龍もマイキーのために作ったグループです。

しかし、マイキーが不良として立派に頭を張るというよりも、今回のマイキーの植物状態から考えると、

まずは立派に生きてほしいという真一郎の願いがあるのではないでしょうか?

亡くなる前に、マイキーにバイクをプレゼントする予定であった真一郎は、

全てをマイキーに注いできました。

真一郎にとってもマイキーは重要な存在であったとも受け取れますよね。

 

東リベ270話ネタバレ最新話の考察|東卍メンバーはどう動く?

マイキーの過去編が終わり、タケミチがマイキーの攻撃を避けたところを、

東卍メンバーは見ていて驚いていました。

ついに立ち上がる様子が描かれています。

今後どのように動くのか注目ですね。

東卍メンバーだけでなく関東卍會も同じように立ち上がり、

マイキーVSタケミチの様子を伺っています。

再度、東卍VS関東卍會の構図が出来上がり、千咒と春千夜、千冬と半間など、

それぞれがマッチアップして戦っていくのではないでしょうか?

 

東リベ270話ネタバレ最新話の考察|三途がマイキーの黒い衝動を知っているのはなぜ?

三途がタケミチに「何もわかってねぇ!マイキーが背負った業のデカさを!!」と話しています。

このマイキーの「業」については、すでにさまざまな考察がされているが、

1番有力な考察として、マイキーは「父親」を殺しているのではないか?ということ。

それが「黒い衝動」の元凶、目覚めるきっかけになっているのではないかという考察がされています。

時系列的には、マイキーと三途が出会うずっと前となっているため、なぜ三途がそのこと知っているのか疑問です。

三途は以前からタイムリーパー説が出ていますが、それも関係してくるのでしょうか。

 

東リベ270話ネタバレ最新話の考察|明石武臣が黒幕?

以前からこの説は考察されてきましたが、明石武臣に関しては、過去・現代・未来どの時代でも重要な立位置にいながらも、最終決戦ではまだ登場がありません。

最終決戦でも参戦することが予想されてきました。

そして明石武臣が黒幕として、抗争を引き起こしているのではないかとの噂もあったりします。

ここでの結論として、明石武臣は半間を伝達役として、マイキーの「業」をでっち上げて、三途を騙しているのでは?というところに至りました。

マイキー自身、修羅の道を歩むことが定められていたとしても、東京卍會を作った場地やエマ、ドラケンなど、マイキーの周囲にいた大切な人たちを消して、黒い衝動にどんどん染めていくように仕向けた人間が、

三途が知っている「業」のデカさや修羅の道については、黒幕が作り出した嘘にもなり得ます。

三途はその嘘を信じきっているという可能性もあります。

そのため、未来では三途がドラケンを殺してしまっているのではと考察もできます。

つまり、三途は黒幕が作り出した嘘によって、マイキーが闇に染まるのを助けていることになります。

要は、利用されてしまっているというわけです。

それであれば、明石の目的とはなにか?

”佐野万次郎をぶっ飛ばすこと”ではないでしょうか。

その目的を達成するために、マイキーを闇落ちさせて、三途も騙しているのではないのかと考えます。

しかし、そこまではまだ不明な点もあり、原作でも言及されていない部分です。

今後の展開次第では、言及されるかもしれませんね!

 

東リベ270話ネタバレ最新話の考察|関東卍會に半間がいる理由は?

半間はエマとイザナを殺害したあと逃亡中になっていたが、なぜか関東卍會に介入していました。

以前から、半間には黒幕説やタイムリーパー説が噂されてきましたが、本当のところはまだ不明です。

半間は自分がいる世界を色づけてくれるような相手を好みます。

それには、マイキーは絶好の相手と言えます。

関東卍會の総長に加え、強さ、名実共にトップクラス、冷酷な一面も半間には魅力的に見えたということでしょうか。

半間は稀咲のことを操っていましたが、マイキーも同様の立ち位置にいるかもしれませんね。

 

東リベ270話ネタバレ最新話の考察|明石武臣と三途春千夜の対決の可能性は?

最終決戦での、明石武臣VS三途春千夜のマッチアップの可能性はあるのでしょうか?

明石武臣はここまで、どこの時代でもチームの重要なポジションに就いていることが多いです。

最終決戦で必ずどこかで出てくるのではないかと思っています。

そのときは、東卍の助っ人として、千咒&明石武臣VS三途春千夜として、対戦することがあるかもしれません。

 

東リベ270話ネタバレ最新話の考察|明石武臣が抗争に参戦する?

柴大寿とともに、最終決戦で登場すると思われる明石3兄弟の長男 明石武臣の登場はあるのでしょうか?

明石武臣はここまで、どこの時代でもチームの重要なポジションに就いていることが多いです。

重要キャラが最終決戦に出てこないのも違和感がありますよね。

必ずどこかで出てくるのではないかと思っています。

それがどのタイミングになるか、はたまたタケミチたちに協力するのか、対立するのか。

明石武臣の行動自体がとても気になりますね!!

 

東リベ270話ネタバレ最新話の考察|武臣と千咒、春千夜の関係は修復する?

明石武臣、瓦千咒、三途春千夜は兄弟関係です。

今ではお互い敵対していますが、ここのマッチアップも気になるところです。

今後、明石武臣と合わせて、明石3兄弟の関係に関する伏線を回収することになると思われます。

春千夜はマイキーに固執していることもあり、マイキー次第では関係は修復する可能性はあると思われますが、

武臣、千咒、春千夜はここで一回対戦することで、お互いの誤解やこれまでの蟠りが解消されるかもしれませんね。

 

東リベ270話ネタバレ最新話の考察|半間と三途は協力関係?

半間と三途がそれぞれタケミチと大寿を背後からの不意を突いて倒しています。

なぜ同じ方法で倒してたのでしょうか?

それは、この2人が同じ目的のために動いているという伏線になるのではないでしょうか。

半間も三途も、しばらく抗争での戦いは描かれておらず、この最新話にて描かれました。

一部考察では、半間と三途はトリガーとタイムリーパーの関係ではないかと疑問を持たれています。

そのように考えると、同じような行動をとってもなんも不思議ではありません。

とくに、半間に関しては、逃亡者だったがいつの間にか関東卍會へ加入している疑問もありますし、黒幕最有力と一部考察では言われています。

なので、半間と三途の目的は明らかになってはいませんが、2人の目的が一致して協力関係にある可能性は十分にありますね。

 

東リベ270話ネタバレ最新話確定速報!

東リベ263話ネタバレ最新話確定|マイキー顔や表情が示す意味は?

東リベ270話ネタバレ最新話確定しました!

最新270話:Worth my while

東リベ270話ネタバレ最新話確定速報|出所後の春千夜

真一郎と場地が刑務所に入っていた春千夜を向かいに行く場面から始まります。

真一郎「やっと春千夜出所か、1年くらい入ってた?」

場地「何でわざわざあんなやつ迎え行くんだよな?」

「日本刀でダチ斬りつけたとかマジ頭イってるし」と春千夜のことを貶す場地。

今の世界線との場地とは少し違いますね。

それに、春千夜は「なんでも万次郎への悪口にキレたって話じゃんか、春千夜らしいよ」と、すでにマイキーへの忠誠を感じるエピソード。

武臣は春千夜とは絶交状態だとのことで、真一郎が迎えに来たそう。

しかし春千夜はマイキーのことが気になっている様子でそのまま会いに行くことに。

 

東リベ270話ネタバレ最新話確定速報|マイキー亡くなる!

1年ぶりに会ったマイキーは、やせ細っていてすでに死んでしまいそうな状態。

春千夜がマイキーの腕を触るが細くなりすぎて春千夜は驚いてしまいます。

その後、場地との会話で春千夜が「一年前よりひどくなってる」

「”アレ”はもうマイキーじゃねぇ…」「真一郎くんが心配だ」

と、エマは家出、祖父は亡くなっており真一郎を気遣う様子も見られます。

場地はは「けど多分、マイキーはもう長くねぇ」と。

その後一月経ってマイキーは亡くなってしまいます。

 

東リベ270話ネタバレ最新話確定速報|真一郎が闇に染まる?

マイキーがなくなり真一郎は自身の無力さとマイキーへの思いで徐々に闇に染まるような描写が増えていきます。

壁を殴る様子も描かれています。

その表情も何かを食いしばっているような、悔しがっているような表情に見えます。

真一郎はマイキーが植物状態になって4年間どんなに怪しい治療や行いにも手を出してきたという。

全ては「マイキーが助かるなら」という思いからだった様子。

しかし全部嘘であったことに「みんな殺すか…」とさらっと狂気的な一面も。

それでも、ワカは真一郎のことの方が心配だった様子。

そして、ワカの組に真一郎を誘います。

「ウチの組に来い、真!」

「オマエがいりゃこの世界でトップを獲れる」とだいぶ真一郎の腕を買っているワカ。

そしてそのまま飲みに誘います。

東リベ270話ネタバレ最新話確定速報|真一郎がタイムリーパーの存在を知る!

ワカが経営するキャバクラに行くが、真一郎は何かと浮かない表情をしています。

そこの団体客が、タイムリーパーを名乗るホームレスの話をしています。

「トリガーいねぇと無理」などの言葉が聞こえます。

そこに興味を持った真一郎が寄っていきます。

「その話、詳しく聞かせろ」と詰め寄りますが、

喧嘩腰に突っかかってくる団体客。

店裏にいき、その客をボコボコにする真一郎。

「その”タイムリーパー”のところに案内しろ」と言います。

 

ここで最新270話が終了します。

最後のテロップに、

「最愛のマイキーを失い凶器に染まっていく真一郎」

「それでも縋るのは”タイムリーパー”…!?」とのこと。

真一郎はもともとタイムリープができたわけではなく、誰かに教えてもらうような様子が判明しました。

そもそも教えてもらってできるものなのか?

そのホームレスは誰なのか?

270話以降が注目ですね!

東リベの過去話もありますのでこちらをどうぞ!

 

東リベ270話ネタバレ最新話確定!佐野真一郎のタイムリープ方法とトリガーが判明!まとめ

東リベ263話ネタバレ最新話確定|マイキー顔や表情が示す意味は?

ここまで、”東リベ270話ネタバレ最新話確定!佐野真一郎のタイムリープ方法とトリガーが判明!”についてお伝えしていきました。

マイキーがなくなり、真一郎はどんどん闇に染まっていく様子が描かれました。

それまで献身的にマイキーに尽くしてきた真一郎は、

心にぽっかり穴の空いた状態になっています。

そこでやっとでてきた”タイムリーパー”の存在!

ホームレスがその情報を持っているということで、

どんな人物なのかも注目されますね!

最新話270話以降も目が離せませんね!

ここまでご覧いただきありがとうございました!