MENU

【名探偵コナン】歴代興行収入一位!黒鉄の魚影の登場人物とキャスト紹介!

【名探偵コナン】歴代興行収入一位!黒鉄の魚影の登場人物とキャスト紹介!
Pocket

2024年4月12日より劇場版『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』が全国500以上の映画館で公開されました。公開から3日間の興行収入が過去最高を記録するロケットスタートをきっています。

順調に推移すれば、これまでの1位の『黒鉄の魚影(サブマリン)』(2023年公開)を上回るのではないか、といわれています。

今回は歴代興行収入1位の『名探偵コナン 黒鉄の魚影』について、登場人物やキャストなどを網羅的に紹介していきます。

目次

名探偵コナン 黒鉄の魚影 概要まとめ

まずはストーリーを大まかにまとめます。

会場となるのは東京・八丈島近海に建設された、世界中の警察の防犯カメラを繋ぐ海洋施設『パシフィック・ブイ』です。

本格稼働に向けて、ヨーロッパの警察組織のネットワークと接続するため、世界各国のエンジニアが集結していました。

一方、コナンは園子の招待で八丈島にホエールウォッチングに訪れていました。コナンのもとへ沖矢昴(赤井秀一)から、ヨーロッパの警察組織職員がドイツでジンに殺害された、という一本の電話がはいり、物語は急展開を見せます。

不穏に思ったコナンは、『パシフィック・ブイ』内に潜入。すると、システム稼働に向け着々と準備が進められている施設内で、ひとりの女性エンジニアが黒ずくめの組織に誘拐される事件が発生。海中で不気味に唸るスクリュー音。そして八丈島に宿泊していた灰原のもとにも、黒い影が忍び寄り…

というストーリーです。

作品の魅力は女性の強さと豪華キャスト

『名探偵コナン 国鉄の魚影』の魅力は

  1. 女性キャラクターが見せる強さと優しさ
  2. 豪華キャスト

です。

順番に解説します。

魅力①女性キャラクターが見せる強さと優しさ

今作で際立つのは、女性キャラクターの強さと優しさ。突然のアクシデントが起こる状況下で、彼女たちは最善策を見出そうと、瞬時に判断し、アクションを起こします。その姿や表現はそれぞれ異なるものの、その行動原理は同じです。『名探偵コナン』に登場する女性キャラクターは、守られるだけのヒロインではなく、守ろうとする強さと優しさに溢れています。

灰原哀は希望を諦めない強さ

今作では灰原哀(CV:林原めぐみ)にフォーカスが当たります。感情をあまり出すキャラではなく、人前ではなかなか見せない優しさや、江戸川コナン(CV:高山みなみ)に感化された希望を諦めない強さが魅力的に描かれています。

毛利蘭は愛情や純粋さ

毛利蘭(CV:山崎和佳奈)はいつもの様に誰に対しても分け隔てなく接する愛情や純粋さが描かれており、今作でも際立ちます。

それ以外の女性も魅力的に描かれる

灰原哀、毛利蘭いがいにもFBI捜査官のジョディー・スターリング(CV:一城みゆ希)や、黒ずくめの組織のキール(CV:三石琴乃)、キャンティ(CV:井上喜久子)、ベルモット(CV:小山茉美)も魅力的に描かれます。

とくに謎めいたベルモットの言動にも注目です。

魅力②今作のために揃った豪華キャスト

今作は“黒ずくめ回”ということで、ジンやウォッカなど、黒ずくめの組織のメンバーが揃って登場します。

さらに劇場版では重要な役をスペシャルゲストが演じることでも話題となりますが、今作では沢村一樹さんが務めました。沢村さんが演じるのは、海洋施設『パシフィック・ブイ』の局長・牧野洋輔。その他にも、主役級のキャストが作品に続々と登場。エンドロールのキャストの名前に驚くこと間違いなしです。

キャスト一覧まとめ

『名探偵コナン 黒鉄の魚影』のために揃った豪華キャストを一覧でまとめます。

江戸川コナン:高山みなみ

毛利蘭:山崎和佳奈

毛利小五郎:小山力也

灰原哀:林原めぐみ

ジン:堀之紀

ウォッカ:立木文彦

ベルモット:小山茉美

安室透/バーボン:古谷徹

水無 怜奈/キール:三石琴乃

赤井秀一:池田秀一

沖矢昴:置鮎龍太郎

鈴木園子:松井菜桜子

阿笠博士:緒方賢一

吉田歩美:岩居由希子

小嶋元太:高木渉

円谷光彦:大谷育江

牧野洋輔:沢村一樹

直美・アルジェント:種﨑敦美

レオンハルト:諏訪部順一

エド:神谷浩史

ピンガ:村瀬歩

主演級の声優が集結

いつものメンバーに加え、『SPY×FAMILY』のアーニャ役を務める種崎敦美さん、『呪術廻戦』の両面宿儺役の諏訪部順一さん、『進撃の巨人』のリヴァイ役の神谷浩史さん、『ハイキュー‼︎』の日向翔陽役の村瀬歩さんなど、声優回を牽引する声優が集結しました。

最後に

今回は『名探偵コナン 黒鉄の魚影』の魅力について、豪華キャストなども含めて紹介してきました。

“黒ずくめ回”ということもありド派手な戦闘シーンなどありますが、ただ派手だったでは終わらせないストーリー性や声優陣の強さが人気の背景にあるようでした。

まだ観たことない人、まだ1回しか観たことない人は何度も観てほしい作品です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次